愛知県高等学校ソフトボール選手権大会(第3日)〜観戦記

「愛知県高等学校ソフトボール選手権大会三日目」が、修文女子高、津島高、聖霊高、東海商の各高校で行われました。

尾北高は、津島高にて4回戦、強豪安城学園との対戦。

4回まで両チームとも無得点の好ゲーム。
均衡を破ったのは尾北高。5回裏に一死満塁からスクイズを決め1-0と安城学園をリード。

このリードを守りたい尾北高は最終回、一死一塁二塁のピンチを迎えますが、最後はショートライナーの併殺に仕留め、準々決勝進出を決めました!

 

続いて準々決勝の相手は西三河の碧南高です。

碧南高も県大会常連校でかなりの強敵です。

尾北高は初回、四球と2本のヒットで2点を先制。

3回表には、足を絡めた攻撃からスクイズで1点を追加、3-0。

4回裏に1点を返されますが、5回表に、先頭打者のスリーベースを起点に2点を追加、5-1。

6回表、先頭9番打者がこの試合3本目のヒットを放ち出塁すると、三塁まで進んだ後、後続の内野ゴロの間に生還、6-1として試合を決めました。

これで尾北高はベスト4進出!

21日(木)に江南市の蘇南公園多目的グランドにて準決勝、決勝戦が開催されます。

皆さまのご来場と応援をお待ちしております!

image

image

image

image

image

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です